airbnbという投資方法|新ビジネスの極意

紙幣と貯金箱

新しい不動産投資

つみきとお金

不動産投資のデメリットを極力取り除き、より初めやすく、利益の見込みが高いものがみんなで大家さんという資産運用商品であります。サイドビジネスとして、不動産投資を考えている方にとって、みんなで大家さんは魅力的な選択肢の一つと言えます。

新しい部屋の借り方

お金と電卓

賃貸保証会社は、貸主と借主の双方にとってメリットのある存在です。借主が連帯保証人を頼めない場合、賃貸保証会社がその肩代わりをしてくれます。また家賃トラブルなどが発生した際には、貸主に対して家賃の立て替えを行います。利点を生かして暮らしを向上させる手助けが、賃貸保証会社には出来るのです。

追加料金の少ない業者利用

女の人

賃貸管理で修理や交換を行うときには別途料金が必要になるのが通常です。しかし、込み料金で依頼できる業者もあり、追加料金が発生しにくいので資金計画を立てやすくなります。無償対応のカバー範囲を確認した上で契約を結ぶことが大切です。

気軽に収入アップ

集合住宅

外国人を主に対象として不動産の貸し借りを行なうairbnbが投資対象として人気を集めています。現在あるホテルや旅館だけでは外国人の受け入れ体制が少なくなっていることもあり、airbnbは多くの人が利用しているのです。通常の不動産投資は、自分で管理していくことになりますが、airbnbでの投資の場合、代行業者もいるため清掃や管理、また外国語での対応など全て依頼することが出来るようになります。そのため、忙しくて不動産投資だけに専念出来ないという人でも安心です。投資として人気のairbnbは、空室の活用法としても支持されています。空室があるとそれだけ収入が減ってしまいますが、airbnbであれば単発的に宿泊することになるので、回転率も高く、賃貸物件として運用するよりも収入を得られます。

どの民泊もそうですが、家具や家電、細かいアメニティグッズなどの準備を行なう必要がありますが、airbnbを代行することによってそれらも用意してもらえます。また外国人を受け入れる場合、どうしても言葉の壁や文化の違いによってトラブルが発生してしまう可能性があります。ですがairbnbの場合は代行業者に依頼しておけば、それらも全て対応してもらえるのです。不動産の管理会社への依頼と同じようなイメージになりますが、民泊というスタイルのため、より多くの収入を期待出来る投資方法となります。代行業者も数多くいるため、対応言語やサービス内容、代行依頼する上での料金などを比較しながら依頼先を決めましょう。またいつ何が起こるか分からないため、24時間対応の代行業者がいいでしょう。