airbnbという投資方法|新ビジネスの極意

男の人

新しい不動産投資

つみきとお金

資産運用商品としての概要

みんなで大家さんという新しい不動産投資の形があります。不動産投資に関して、初期投資費用が高いという印象があります。さらに、その不動産の価値は経年により基本的には下がっていくものです。その二つのデメリットを解消した不動産投資の形がみんなで大家さんというサービスになります。みんなで大家さんの概要として、100万円単位で投資が可能であるということで、普通の不動産投資に比べると初期投資がかなり少額で始めることが可能になります。さらに、収益性も年利5パーセント前後と国債や貯金に比較して高いことも魅力の一つとして挙げられます。また、現在契約中のテナントに対して出資するため、始めから収益が見込めるというのも利点の一つです。

その他の違い

普通の不動産投資の場合、不動産の購入金額と売却金額の差は基本的にはマイナスになるというのが前提で、その差額分を上回る収益を家賃収入で得ることで、最終的にプラスになります。しかし、賃貸契約をするにあたってその物件の魅力の有無によって、借り手が見つかるか否かといった不安や、収益の見込める家賃で借り手が現れるかなどの心配事もあります。そこで、みんなの大家さんの場合を見てみると、不動産価値ではなく、賃料の変動が出資金額の変動につながっています。賃料は不動産価値よりも変動が少ないため、通常の不動産投資よりもみんなで大家さんの方が、元本が保証されるということになります。さらに、営業者に対して譲渡を行うことで現金化も可能です。