airbnbという投資方法|新ビジネスの極意

男の人

新しい部屋の借り方

お金と電卓

連帯保証人がいなくても

新しく部屋を借りる際、連帯保証人の存在はどうしても必要なものでした。主に親族がなるケースが多いですが、人によっては、その世話になりたくない人もいます。また高齢者や障碍がある方、外国人の方などは、親類に頼みたくても出来ないというケースもあります。しかし、それでは賃貸契約のハードルは上がる一方です。貸主と借主の双方にとって、いいことはまるでありません。そこで近年、その存在がクローズアップされているのが賃貸保証会社というわけです。仮に借主の家賃の支払いに問題があったときなど、賃貸保証会社が貸主側に家賃を立て替えるといった保証を行います。勿論、その分手数料分がプラスされます。が、家賃収入のない事態を避けられるため、賃貸保証会社の介入は貸主にとっては決して損な話にはなりません。貸主と借主がトラブルを避けるために、賃貸保証会社を利用するのは、今の時代ではごく普通のことになりつつあります。

注意するべき点とは

貸主にも借主にも、大きなメリットがあるのが賃貸保証会社の存在ではありますが、注意しなければならない点もあります。特に大きな問題となるのは、借主の家賃の滞納です。賃貸保証会社が介入するということは、そのようなトラブルが発生した際、部屋からの退去が行われる可能性がないとは言えないということです。また、管理人にとっては良い賃貸保証会社と付き合っていくということが大切になります。そのためには、インターネットなどを利用して賃貸保証会社の情報を集めると良いでしょう。