airbnbという投資方法|新ビジネスの極意

男の人

追加料金の少ない業者利用

女の人

資金計画が立てやすい

業者を利用して賃貸管理を行っている場合には家賃の数パーセントという形で費用を支払うのが一般的です。しかし、不動産管理を行っている過程で早急に修理や交換などが必要なものが見つかった場合には別途に実費を請求されるでしょう。その料金が痛手になることもありますが、賃貸管理業者の中にはそれを込み料金にしている業者もあります。追加料金が発生しにくいことで資金計画を立てやすいことから人気になっているサービスです。日常点検で見つかった不具合についての修理費用はあまり高くないものが多いものの、場合によっては大きな設備の故障が見つかって莫大な費用がかかる場合もあります。その場合でも無償修理を行ってくれる業者もあるのです。

カバー範囲の確認

無償での修理や交換を原則にしている業者に賃貸管理を依頼するときにはカバー範囲をよく確認しましょう。電灯の交換などの軽微なものに関してだけ無償としている業者が多いのが実情です。故障の修理が外注になった場合には費用が別途で必要になるということはよくあります。どの範囲までは無償かを明確にした上で契約を結ぶことが重要です。支払う料金によってカバーされる範囲が変わる場合もあるので、自分が立てたい資金計画に応じて選ぶというのも良い考え方でしょう。また、賃貸管理業者に交渉を行って修理や交換の費用を込みにした料金での契約ができないかと相談してみるのも賢い方法です。過去に実績がある場合には対応してくれることがあります。